, コンテンツにスキップする

ロビンフッドを提訴、自殺した20歳トレーダーの両親-損失巡り誤解

  • オプション取引で73万ドル失ったと思い込み昨年に自殺
  • カリフォルニア州サンタクララ郡の州裁判所に訴えを起こした

個人投資家に株式取引プラットフォームを提供する米ロビンフッド・マーケッツは、オプション取引で73万ドル(約7650万円)を失ったと思い込んで昨年自殺した20歳のトレーダーの両親から訴えを起こされた。

  故アレックス・カーンズ氏の両親は8日、カリフォルニア州サンタクララ郡の州裁判所にロビンフッドを不法行為による死亡で提訴した。自分たちの息子のように経験がなく、知識も少ない投資家を同社が食い物にしていると主張した。

  ロビンフッドは新しい部類の米トレーダーを市場に呼び込んでいるが、リスクを十分に説明せずに投資を「ゲーム化」することへの懸念が浮上している。

  訴状によると、カーンズ氏は同じ銘柄のプットオプションの買いと売りを同時に行うオプションスプレッド取引をしていた。ロビンフッドは昨年6月に残高が約73万ドルのマイナスになっていることをカーンズ氏に通知したが、同氏が保有していたオプションが行使され決済されればマイナス残高は解消することを知らせていなかった。カーンズ氏はロビンフッドと連絡が取れずにパニックに陥り、命を絶ったという。

  ロビンフッドは発表資料で「カーンズ氏の死に大きな衝撃を受けた」とし、6月以降にオプションの提供についてさまざまな改善を加えたと説明した。

原題:
Robinhood Sued by Parents of Young Trader Who Killed Himself (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE