, コンテンツにスキップする

リフレトレード、株価上昇への新たな脅威か-ウォール街で懸念浮上

  • 債券市場でのリフレ兆候がいつ株式への圧力になり始めるかが話題に
  • 米10年債利回りが株式市場に痛みをもたらす水準は2%-UBS

ウォール街では久しぶりに、債券市場でのリフレの兆候がいつ株式相場への圧力になり始めるかが話題になっている。

  原油高や米追加経済対策への期待にけん引され、米国債市場が示唆するインフレ期待は2013年以来の高水準に近い。

  今のところ、株式を積極的に買っているトレーダーは良い状況にある。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの回復が企業利益の追い風になると予想されるためだ。

  しかし、10年物米国債の最近の下落は、経済成長加速が金利上昇リスクをもたらすことを投資家に思い出させた。

Stocks' earnings yield has narrowed versus bond yields, but gap is still high

  「市場がこうした展開を織り込むに伴い、デュレーションが長いグロース株や割高な高収益株が圧迫される可能性が高い」とSEIインベストメンツの投資管理部門のチーフマーケットストラテジスト、ジム・ソロウェイ氏が指摘した。

  UBSグループのアナリストは、米10年債利回りが株式市場に痛みをもたらす水準を2%と考えている。これは現在の約1.17%の水準からは程遠い。米連邦準備制度が今後も金利を抑制するとみられる中ではなおさらだ。

  それでも、金利上昇が株式への投資配分縮小につながると考える分かりやすい根拠がある。S&P500種株価指数の構成企業のうち、現時点で配当利回りが米10年国債利回りを上回っている企業の割合は60%余り。しかし、10年債利回りがストラテジストらの予想通り年末までに1.75%に上昇した場合、この割合は44%に低下すると、 バンク・オブ・アメリカのストラテジストは警告する。

  株式の相対的な魅力を測るもう一つの方法は、S&P500種の益回りと米10年債利回りの差だ。これは2ポイントと、18年以来の低水準に縮小しているが、長期平均はまだ大きく上回っている。

原題:
Great Reflation Trade Brings New Threats to the Stock Rally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE