, コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、東京五輪開催「科学に基づき判断すべきだ」

バイデン米大統領は7日にラジオ番組のインタビューで、東京五輪・パラリンピックの開催について、「科学に基づいて判断すべきだ」と述べた。

  東京五輪が今夏に再開されるかどうかや、東京および来年に冬季五輪が開催される北京に米国の選手団を派遣したいと考えるかどうかについて、質問に答えた。

  バイデン氏は、先に電話会談を行った日本の菅義偉首相が安全に開催できるよう一生懸命に取り組んでいると指摘した上で、「開催が安全か科学に基づく必要があると考える。開催されるよう祈っている」と話した。

  また五輪選手について、「4年間、このときのために取り組んでおり」、その機会が突然失われた場合を想像すると、「とてもつらいだろう」と共感を示した。

  その上で、「われわれは科学に基づいて政権運営しており、世界の他の地域もそうだと考える。開催できるよう望んでいるが、まだ分からない」と語った。

President Biden Speaks About His Administration's Economic Recovery Plan

バイデン大統領

Photographer: Stefani Reynolds/The New York Times/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE