, コンテンツにスキップする

ゲームストップ株下落、先週の急落に続き-時価総額280億円消失

  • 終値5.9%安の60ドル-1月28日には一時483ドルを記録
  • ロビンフッドが株式購入制限を解除したが株価への影響限定的

8日の米株式市場で米ビデオゲーム小売りのゲームストップの株価が先週に続き下落し、 時価総額で2億6300万ドル(約280億円)を失った。先週は週間ベースで上場来最大の下げを記録していた。

  この日は取引開始直後に上昇する画面もあったが、終値は5.9%安の60ドル。3週間にわたって急騰した後、先週は80%下落していた。8日は売買高も減少して約2500万株と、1月12日以来の水準だった。

  米ロビンフッド・マーケッツは先週終盤にゲームストップの株式購入制限を解除したが、株価への影響は限定的だった。同社の株価は1月28日に一時483ドルと取引時間中の高値を付けてから急落している。ショートスクイーズ(踏み上げ)のきっかけとなった空売りの水準は、多くのヘッジファンドが多額の損失を伴いながら手じまいに動いたことで低下した。

Short interest in GameStop has fallen back to levels seen since 2010

  クレセット・キャピタルのジャック・ エイブリン最高投資責任者(CIO)は「株価は急速に公正な価格に近づいているようだ」とした上で、「ロビンフッドの取引では今や関心がゲームストップから他の銘柄に移ったようだ。ゲームストップの下落余地がさらにあることを示す」と指摘した。

Trading engagement remains high with puts soaring and calls near highs

原題:
GameStop Shares Drop, Extending 80% Slump From Last Week (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE