, コンテンツにスキップする

ビジョン・ファンド、マイクロソフトのベンチャーファンド責任者採用

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドは、米マイクロソフトのベンチャーキャピタル事業の責任者をマネジングパートナーとして採用する。幹部らの退社が相次ぐビジョン・ファンドが、有力な人材を獲得した。

  ソフトバンクグループの発表資料によれば、マイクロソフトのベンチャーファンドM12でグローバル責任者を務めてきたナグラジ・カシャップ氏が、ビジョン・ファンドの米国部門に加わる。ブルームバーグは8日、事前にこの動きを報じていた。

  ビジョン・ファンドからは昨年、ルワン・ウィーラセケラ最高執行責任者(COO)や投資家向け広報活動の統括役でパートナーのペニー・ボードル氏らが退社した。

  カシャップ氏は2016年にマイクロソフトに入社。それ以前は米クアルコムでベンチャー事業を率いていた。

原題:SoftBank Vision Fund Hires Head of Microsoft Venture Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE