, コンテンツにスキップする

台湾TSMCが日本に開発拠点設置へ、投資額200億円-報道

半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が日本に初の本格的な開発拠点を設けると、日本経済新聞が報じた。

  それによると、茨城県つくば市に設置し、新会社も設立、投資額は約200億円。近く取締役会を開き、早ければ週内にも発表するという。

  新拠点では、半導体の「後工程」といわれるパッケージ作業などに関連する開発を中心に手掛けると、日経は伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE