, コンテンツにスキップする

UBS、投資銀部門のボーナス総額を最大20%増へ-関係者

更新日時
  • ウェルスマネジメント部門ではほぼ横ばいまたは若干の増加
  • UBSは3月5日に報酬について公表する予定

スイスの銀行UBSグループは、投資銀行部門のボーナスの総額を最大20%増やす計画だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。トレーディング収入急増が利益を押し上げたことに対応する。

  一方、中核事業のウェルスマネジメント部門では、変動報酬はほぼ横ばいまたは若干の増加にとどまると事情に詳しい関係者が非公開情報を理由に匿名を条件に述べた。報酬は地域によって大きく異なるという。2019年の変動報酬総額は約27億ドル(約2850億円)だった。

  関係者によると、アジア太平洋のウェルスマネジメント部門バンカーのボーナスは10%増と、同部門では高めの伸びになる見通し。一方、欧州では同部門の一部従業員のボーナスは10-15%の減少になるという。

  UBSの広報担当者はコメントを控えた。同行は3月5日に報酬について公表する予定。

原題:
UBS Is Said to Raise Investment Bank Bonus Pool as Much as 20%(抜粋)

(第3段落を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE