, コンテンツにスキップする

米石油株、年初来で2桁の値上がり-民主党が化石燃料に反対姿勢でも

  • S&P500エネルギー株指数は年初来で12%上昇-昨年は37%下落
  • ウォール街は現在、株価上昇が持続可能かどうかを見極めている

米石油・ガス株は昨年、飛び抜けて最悪のパフォーマンスだったが、2021年に入ってからは最高のパフォーマンスとなっていることが目を引く。米政界の新たな勢力バランスを踏まえると、この反転はやや意外に見えるかもしれない。

  エクソンモービルダイヤモンドバック・エナジーマラソン・オイルなどは年初来上昇率が2桁となっている。原油価格回復や景気回復見通しによる影響が、バイデン政権発足に伴う業界へのリスクを上回っている。S&P500エネルギー株指数は年初来で12%値上がり。昨年は37%下落していた。

  ただ、民主党が化石燃料からの脱却を加速する方針を示しているため、ウォール街は現在、こうした株価上昇が持続可能かどうかを見極めている。フラッキング(水圧破砕技術を利用した掘削)サービス会社は既に、生産への投資を削減するよう圧力を受けている。追加規制措置が講じられた場合、投資家から厳しい反応を受ける可能性がある。

関連記事

  

The S&P 500 Energy Index is beating the broader index by a wide margin

原題:
Big Oil Stocks Rally Despite Democrats’ Fossil-Fuel Stance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE