, コンテンツにスキップする

エボラ出血熱をコンゴで確認、かつての流行中心地で-WHO

世界保健機関(WHO)は7日、コンゴ民主共和国の北キブ州ブテンボで死亡した女性がエボラ出血熱に感染していたことが分かったと発表した。同国は昨年6月、エボラ流行終息を宣言していた。ブテンボは同国東部で約2年間続いた流行の中心地の1つだった。

原題:
Ebola Resurfaces in Previous Epidemic Zone of Congo, WHO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE