, コンテンツにスキップする

ヴェオリア、スエズ買収提案で攻撃的姿勢に-株主に直接打診へ(1)

更新日時
  • ヴェオリアは1株18ユーロでスエズの未保有株70.1%を買い取る方針
  • スエズは提案に反発、労組も「後戻りできない宣戦布告」と非難

フランスの公益事業会社ヴェオリア・エンバイロメントは、長期にわたり同業スエズの買収を試みてきたが、攻撃的な姿勢に踏み切った。スエズ経営陣に何カ月も提案を拒否されたことを受け、株主に直接提案を持ちかける方針を表明した。

  ヴェオリアは7日遅くの発表資料で、スエズの取締役会に憤りを表明し、1株18ユーロでスエズの未保有株70.1%を買い取る計画を発表した。スエズの企業価値を113億ユーロ(約1兆4350億円)と評価する取引となる。スエズの昨年の純負債は約100億ユーロ。

  これに対しスエズは、ヴェオリアが法廷で事態を友好的に保つと約束したとして反発し、同社の提案は「違法」だとする立場を示唆した。スエズ労組は今回の動きを「後戻りできない宣戦布告」と呼んでおり、両社が対立解消から程遠いことを示唆している。

関連記事

原題:Veolia Goes Hostile in Attempt to Buy French Rival Suez (2)(抜粋)

(スエズの反論を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE