, コンテンツにスキップする

米中外交トップが電話会談、人権や香港問題巡り応酬

  • インド太平洋の安定脅かす取り組みには責任問う-ブリンケン長官
  • 中国の内政問題に外国は干渉すべきではない-楊潔篪共産党政治局員

ブリンケン米国務長官は5日、中国外交トップの楊潔篪共産党政治局員と電話会談し、香港やチベット、新疆ウイグル自治区で人権や民主主義的な価値が守られるよう、バイデン政権が引き続き求めていくと伝えた。

  米国務省のプライス報道官は声明で、ブリンケン長官が「米国はわれわれの共有する価値と利益を守るため同盟国やパートナーと協力し、台湾海峡を含むインド太平洋の安定を脅かす取り組みや規則に基づいた国際制度を損なう行為について中国の責任を問う考えをあらためて示した」と説明した。

President Biden Speaks To Staff At Department Of State

ブリンケン米国務長官

  中国外務省の発表文によると、楊氏はブリンケン長官に対し、これら3地域は中国の内政問題だとし、外国が干渉すべきではないと反論。台湾問題は中国の主権と領土保全に関わるものであり、米国は「一つの中国」の原則と3つの米中共同声明を順守すべきだとした。

  国務省によると、ブリンケン長官はさらに、ミャンマーの「軍事クーデターを国際社会と共に非難する」よう求めた。これに対し楊氏は、ミャンマー問題の適切な解決のため良好な外部環境を国際社会が整えるべきだと強調した。

原題:
Blinken Presses China Diplomat on Human Rights, Hong Kong (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE