, コンテンツにスキップする

ペイパルの個人送金サービス「ベンモ」、米規制当局が調査

オンライン決済サービスを手掛ける米ペイパル・ホールディングスは、傘下の個人間送金サービス「ベンモ」が米規制当局の調査を受けていることを明らかにした。

  ペイパルが証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書によると、消費者金融保護局(CFPB)はベンモによる利用者への支払い請求や未承認の振替を調査している。CFPBは書類の提出と、ペイパルが1月21日に受け取った民事調査請求(CID)の質問への回答を求めたと、同社は述べている。

  ペイパルは報告書で、CFPBの調査に協力していると明らかにした。CFPBのティア・エルバウム報道官は同調査に関するコメントを控えた。

  5日の米株式市場でペイパルの株価は下げ、一時は前日比2.1%安となった。

  ペイパルは近年、ユーザーのベンモ口座残高が不足した場合の請求や口座引き落としを巡り、批判を受けている。

ペイパルの10ー12月期、売上高が市場予想上回る-新規アカウント急増

原題:PayPal Says Venmo Being Probed by Consumer-Banking Watchdog (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE