, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】ワクチン接種から3週間で感染拡大抑制との報告

更新日時
  • 韓国が社会的距離規制を緩和-午後10時まで飲食店営業可能に
  • WHO事務局長、ワクチンの公平な分配を呼び掛け

新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの接種率が世界で最も高いイスラエルでは、米ファイザーとドイツのビオンテックのワクチンの接種開始から新規感染者と入院者数の伸びが抑制され始めるまでに要した期間は3週間だった。昨年12月20日に始まった全国的な接種プログラムについて研究者が暫定的な所見を報告した。

ワクチン接種開始から感染拡大の抑制まで3週間、イスラエルが報告

  韓国は社会的距離の規制を緩和する。ソウル首都圏以外の地域ではレストランやカフェ、ジムなどの営業が午後10時まで認められる。丁世均首相が6日発表した。カラオケバーの営業や訪問販売なども可能になる。韓国では1日当たりの感染者数がこの1週間で300人程度に減少。昨年12月末には1000人を超えていた。

  米カリフォルニア州ではコロナ検査の陽性率の14日平均が6.6%に低下した。昨年11月30日以来の低水準で、1カ月前は12.7%だった。同州でこれまでに実施されたコロナ検査は計4340万件に達した。

  州保健当局のウェブサイトによると、4日に報告された新規感染者数は1万4021人と、14日移動平均の1万7600人を下回った。死者数は558人と、同平均の518人を上回った。累計の感染者数は330万人を超え、死者数は4万3024人に達した。

  スペインは英アストラゼネカのコロナワクチン接種対象を55歳未満に限定する。保健省が発表した。「科学的エビデンス」に基づいた判断だとしている。同社のワクチンについては欧州連合(EU)加盟国の間で高齢者への接種を推奨しない動きが広がっており、ドイツやフランス、イタリアも同様の制限を設けた。

  アストラゼネカのワクチンは、英国で出現した変異株に対しても同等の効果があることが、同ワクチンを共同開発した英オックスフォード大学の研究で示された

  世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、医療従事者と高齢者の接種が終わった国々は残りのワクチンを他国に回すべきだと述べた。これまでに行われた接種の4分の3余りは、世界の国内総生産(GDP)の約60%を占める10カ国に集中しており、総人口25億人の約130カ国ではまだ1回の接種も行われていないと指摘した。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、世界の感染者数は1億530万人を超え、死者数は230万人に近づいている。ブルームバーグの集計データによれば、世界のワクチン接種回数は1億2400万回を超えた。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

原題:Israel Vaccinations Curb Spread; Korea Eases Rules: Virus Update(抜粋)  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE