, コンテンツにスキップする

WTO事務局長選、韓国の兪明希氏が撤退-事実上の決着へ

世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙から韓国産業通商資源省の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が撤退した。元ナイジェリア財務相のヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏が唯一の立候補者となった。

  同省は5日、兪氏が米国など各国と協議し立候補を取り下げることを決めたと声明で発表。WTOを活性化する必要性も含め「総体的」にさまざまな問題を考慮したと説明した。

  米国籍も持つオコンジョイウェアラ氏は昨年、WTO事務局長の最有力候補に浮上したが、米国だけが同氏の選出に反対していた。

原題:Korean Minister Drops WTO Bid, Clears Way for Nigerian Candidate

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE