, コンテンツにスキップする

中国の快手科技、香港上場-初値で3倍近くに値上がり

  • 時価総額は一時1790億米ドルに膨らむ-IPO規模は54米億ドル
  • インターネット企業としては米ウーバー以来の大型IPO

短編動画アプリを運営する中国の快手科技が5日、香港市場に上場し194%高で取引が始まった。同社は先に54億米ドル(約5700億円)規模の新規株式公開(IPO)を実施していた。

  快手科技株の初値は338香港ドルと、IPO価格(115香港ドル)の3倍に迫り、時価総額が1790億米ドルに膨らんだ。

Kuaishou's Headquarters As Short-Video App Company Raises $5.4 Billion in Hong Kong IPO

快手科技の本社(北京、2月3日)

  テンセント・ホールディングス(騰訊)が出資する快手科技は仮条件の上限で約3億6500万株を発行。米ウーバー・テクノロジーズが米国で2019年5月に行った81億米ドル規模のIPO以来、インターネット企業によるIPOとしては最大となった。

Big Gains

China's SMIC, Alibaba.com posted the biggest ever first-day gains

Source: Bloomberg

Note: Data includes secondary sales and only includes floats that raised $1 billion or more

関連記事

原題:Kuaishou Nearly Triples In Biggest Internet IPO Since Uber(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE