, コンテンツにスキップする

ノババックスのコロナワクチン、米当局が逐次審査開始-英加も進める

  • 「審査プロセスの迅速化」につながるとR&D責任者のグレン氏
  • 英国で実施した最終段階の試験では有効性89.3%-中間解析

米ノババックスは4日、同社の新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンについて、最終段階の臨床試験がまだ進行中だが、使用許可に必要な一部データの審査を米食品医薬品局(FDA)が開始したと発表した。

  ノババックスによると、ローリングレビュー(逐次審査)と呼ばれるこの手続きは英国やカナダでも始まっている。欧州連合(EU)も同様の審査を進めているという。

  研究開発(R&D)責任者のグレゴリー・グレン氏は発表文で、「われわれが提出した非臨床データや初期段階の臨床試験の結果に関する当局の逐次審査は審査プロセスを迅速化し、全世界への安全かつ有効なワクチン供給にわれわれをかなり近づける」とコメントした。

  同社は先週、英国で実施した最終段階の試験の中間解析結果を発表し、有効性が89.3%に達したと明らかにした。

関連記事
ノババックスのコロナワクチン、南アで有効性劣る-英試験との比較で

原題:
Novavax’s Covid Vaccine Begins Rolling Review Process in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE