, コンテンツにスキップする

米FDA諮問委、J&Jのコロナワクチン許可申請で26日に会合

更新日時

米食品医薬品局(FDA)は4日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のヤンセン・バイオテック部門が提出した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの緊急使用許可(EUA)申請について協議するため、ワクチンおよび関連生物製剤に関する諮問委員会(VRBPAC)の会合を今月26日に開催すると発表した。

  これに先立ちJ&Jはヤンセン・バイオテックがコロナワクチンのEUAをFDAに申請したと発表。同社のワクチンは1回の接種で済むことが特徴で、緊急使用が認められ次第、米政府に納入する。米国内で今年上期に1億回分の供給を見込む。

  全ての主要評価項目と主な副次的評価項目を達成した第3相試験の結果に基づき、今回の申請を行ったと説明している。

原題:J&J Submits Application to FDA for Covid Vaccine Authorization; FDA Advisory Committee Meeting on J&J Vaccine Candidate Feb. 26(抜粋)

(FDAの発表を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE