, コンテンツにスキップする

米民主党穏健派、ワクチン接種の予算切り離し要求-経済対策から

更新日時
  • 穏健派の民主党議員で構成するブルードッグ連合が下院議長に書簡
  • バイデン政権は経済対策案を切り分ける案には否定的

バイデン米大統領が提示した新型コロナウイルス危機対応の包括的な経済対策案について、民主党穏健派の下院議員のグループは法案からワクチン接種支援の予算部分を切り離すようペロシ下院議長に求めている。共和党の賛成票が期待できず、民主党だけで経済対策案を可決させようとする場合、穏健派の支持は欠かせない。

  穏健派の民主党議員で構成するブルードッグ連合は4日公表されたペロシ議長宛て書簡で、政権がまとめた1兆9000億ドル(約200兆円)規模の経済対策案を特別な予算手続きを通じて可決するには「数カ月」かかる可能性があるが、ワクチン接種を促進する取り組みを支援する予算は直ちに必要だと主張した。

Stephanie Murphy

ステファニー・マーフィー議員

  同連合の共同議長を務めるステファニー・マーフィー議員はインタビューで、ワクチン配布はトランプ前政権の影響でかなり混乱状態にあり、それに今、対応することはバイデン政権と民主党が米国民のために行動していることを示す上ですぐにできることだ」と語った。

  与野党勢力が伯仲する下院にあって全員が投票する場合、ペロシ議長が民主党議員だけで法案を可決させるには造反議員を4人以下に抑える必要がある。一方、バイデン政権は経済対策案を切り分ける案には否定的だ。同議長のオフィスに書簡に関するコメントを求めたが、現時点で返答はない。  

米経済改善で思わぬ波紋、バイデン大統領の経済対策の必要性に異議も

原題:Moderate Democrats Want Vaccine Funds Before Biden Stimulus (1)(抜粋)

(3段落目以降に議員の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE