, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】J&Jワクチンで今月米諮問委会合-英、渡航者隔離へ

更新日時
  • COVAXの初回ワクチン配布、インドに最多供給
  • ノババックスのワクチン、米FDAも逐次審査開始

米下院民主党指導部はバイデン大統領と5日に会談する。これに先立ち下院は4日、「高所得層の納税者」への現金給付に反対する決議を可決した。バイデン政権が掲げる1兆9000億ドル(約200兆円)規模の経済対策案の議会承認に向けたプロセスの一環として行う一連の採決の一つで、同決議には拘束力はない。

米下院民主党指導部、5日にバイデン大統領と会談-関係者

  米食品医薬品局(FDA)は米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のヤンセン・バイオテック部門が提出した新型コロナワクチンの緊急使用許可(EUA)申請の協議で、諮問委員会の会合を26日に開催すると発表した。 

米FDA諮問委、J&Jのコロナワクチン許可申請で26日に会合 (1)

  インドは世界保健機関(WHO)主導の共同購入枠組み「COVAX(コバックス)」の最初のワクチン配布で最も多くの供給を受ける見込みだ。ただ、同国では現在、ワクチン供給が需要を上回っている。

  英国は新型コロナの感染流行地域からの渡航者に対する隔離措置を15日から義務付ける。現時点で渡航禁止リストに掲載されているのは、南米全体やアフリカ南部の国、ポルトガルなどを含む30カ国。

英国、2月15日から隔離義務付け-コロナ感染流行地からの渡航者に  

  現在のワクチン接種率から判断すると、パンデミック終息は約7年後になる見通しだ。

普通の日常が戻るまであと7年か-現在のワクチン接種率から判断

  米ノババックスは同社の新型コロナワクチンについて、最終段階の臨床試験がまだ進行中だが、使用許可に必要な一部データの審査をFDAが開始したと発表した。

ノババックスのコロナワクチン、米当局が逐次審査開始-英加も進める

  全米各地で新型コロナウイルス感染拡大の鈍化に伴い、制限措置が緩和されている。マサチューセッツ州はレストランやジムなどの制限措置の上限を収容能力の25%から40%に引き上げる。ロードアイランド州は結婚式の招待客数を50人まで認める。アーカンソー州はアルコールを提供するバーとレストランの午後11時以降の営業を禁止する措置を延長しないと発表した。

  イングランド銀行(英中央銀行)は政府の積極的なワクチン政策の結果、英経済は急回復に向かっているとの認識を示した。フランスは現時点では新たなロックダウン(都市封鎖)は正当化できないとした。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億480万人を超え、死者数は220万人を上回った。ワクチン接種の回数は世界で1億1900万回を超えた。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

原題:India to Get Most Covax Shots; Dems to Meet Biden: Virus Update(抜粋)

(J&Jなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE