, コンテンツにスキップする

ゲームストップ株42%安、個人投資家は医薬品株に標的変更

更新日時
  • ゲームストップの売り浴びせ続く、今週の下落率は80%超
  • 医薬品のアトッサは33%高、アナベックスが44%高

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米ビデオゲーム小売り大手ゲームストップの株価は4日の米市場でも大幅に下落し、今週の下落率は80%を超えた。個人投資家の買いは医薬品開発を手掛ける中小企業など、市場の他の一角に向かった。

  ゲームストップの終値は42%安の53.50ドル。時価総額300億ドル(約3兆1700億円)近くが吹き飛んだ。売り浴びせが進むにつれて出来高は徐々に増え、6000万株に達した。ヘッドホン製造のKOSS(コス)やアパレル小売りのエクスプレスなど、この数週間に驚異的な急騰となった銘柄の需要も後退。両銘柄の時価総額は先週のピーク時の4分の1を下回った。

出所:ブルームバーグ

  それでも、ツイッターで情報を交換する個人投資家の買いなどで医薬品株の一部はなお急伸。バイオ医薬品メーカーのアトッサ・セラピューティクスは33%高、同業のアナベックス・ライフ・サイエンシズは44%高となった。一方、医薬品メーカー、キャッサバ・サイエンシズは28%安と、前日の59%高から急反落した。

  ジェフリーズのヘルスケア株式ストラテジスト、ジャレッド・ホルツ氏は一部銘柄の高騰について、オンライン掲示板「レディット」とツイッターが引き続き個別銘柄の「トレーディングにおいて主要な役割を担っている」ことを示していると指摘した。

  個人投資家の買いを集めていた他の銘柄では、アパレル会社ネイキッド・ブランド・グループが4.1%安、大麻製品の開発・生産を手掛けるサンダイアル・グローワーズは5.0%安と下げに転じた。

  

Trio of drug developers have soared in recent days

バイオテック銘柄の株価推移

出所:ブルームバーグ

原題:GameStop Bubble Deflates Again, Pushing Weekly Collapse Past 80%(抜粋)

(終値などの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE