, コンテンツにスキップする

米韓首脳が電話会談、トランプ政権で揺らいだ同盟関係の強化目指す

  • 文在寅大統領「米国の復帰」を歓迎-バイデン氏と会談後に投稿
  • 「包括的」な対北朝鮮戦略をできる限り早期に策定する必要性で一致

バイデン米大統領と韓国の文在寅大統領は電話会談を行い、米韓関係を改善し、トランプ前政権の政策で揺れた同盟の強化を目指す考えで一致した。

   文大統領は4日にバイデン氏と会談後、「新型コロナウイルス感染症(COVID19)や気候変動、経済の二極化といった世界的な課題が山積する中での『米国の復帰』を歓迎した」とフェイスブックに投稿した。

  また、「バイデン大統領と私は、共通の価値観に根ざした米韓同盟の一層の改善を約束した」とし、「われわれは常に団結し、朝鮮半島の平和と世界的課題に取り組む」と表明した。

  両首脳は「包括的」な対北朝鮮戦略をできる限り早期に策定する必要性で合意。朝鮮半島の非核化で協力すると、両国政府が表明したことを韓国大統領府の姜珉碩報道官は明らかにした。両首脳はさらに、地域の平和と繁栄の維持には米韓日3カ国の協力が極めて重要な役割を果たすとの見解を共有した。

原題:U.S., South Korea Leaders Aim to Smooth Alliance Shaken by Trump、Moon, Biden Share Need For Comprehensive N. Korea Strategy (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE