, コンテンツにスキップする

ミャンマー当局、フェイスブックへの接続遮断-抗議活動激化を警戒

  • 安定維持に向け、7日までフェイスブックへの接続を遮断すると発表
  • ヤンゴンで市民らの抗議活動続く、スー・チー氏の刑事訴追受け

ミャンマー当局はインターネットプロバイダー各社にフェイスブックへのアクセスを一時停止するよう命じた。同国ではクーデターによる軍の権力掌握を受け、市民の抗議活動が広がっている。

  ミャンマーの運輸通信省は国内の「安定」を維持するため、7日までフェイスブックへの接続を遮断するとの声明を発表。フェイスブックは自社のソーシャルメディアプラットフォームが「現時点で一部の人々へのアクセスを妨げられている」ことを承知していると広報担当が明らかにした。

TOPSHOT-MYANMAR-POLITICS

スー・チー氏の政党・国民民主連盟(NLD)の旗を振る市民ら(3日、ヤンゴン)

写真家:STR / AFP /ゲッティイメージズ

  フェイスブックの広報担当は発表文で、「ミャンマーの人々が家族や友人とコミュニケーションを取り、重要な情報にアクセスできるようにするため、当局に接続回復を要請する」と説明した。

  ヤンゴンでは3日夜も国軍への抗議活動が続き、歌を歌い、鍋をたたき、車のクラクションを鳴らすなどする市民の姿が見られた。ミャンマー当局は同日先に、違法に輸入した無線通信機を所持していたとして、アウン・サン・スーチー国家顧問兼外相を刑事訴追。有罪となれば最長で禁錮3年の刑を受けることになる。

ミャンマー当局、スー・チー氏を刑事訴追-無許可の通信機所持と主張

原題:Myanmar Blocks Facebook as Post-Coup Protests Gain Traction(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE