, コンテンツにスキップする

SEC、ゲームストップ株を巡るネット投稿で不正の有無調査-関係者

  • ネット投稿の精査は相場混乱への広範な調査の一部
  • SECは特に相場操縦行為の形跡を調査している

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米証券取引委員会(SEC)は、ゲームストップやAMCエンターテインメント・ホールディングスなどの株価の目まぐるしい動きに不正行為が介在した形跡がないか、ソーシャルメディアとオンライン掲示板の投稿を細かく調査している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  調査は、そうした投稿が相場操縦行為の一部だったかどうかを見極めるべく、取引データの見直しと並行して行われている。情報が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。SECは市場を不正に動かすことを意図した虚偽情報を特に調査中だという。

SECが株式市場の過熱を調査、不正行為の可能性巡り-声明発表

  SECの調査は数カ月もしくは数年かかることもあるため、完了する頃にはゲームストップ騒動は終わっている公算が大きい。それでも、調査結果はより広範なリテール市場に影響を与え、空売りや取引決済、オンラインアプリ、情報開示ルールに関する政策変更につながる可能性がある。

参考記事
レディット投資家に苦い教訓、時価総額18兆円が数日で吹き飛ぶ(1)
実はヘッジファンド同士の暗闘か-個人投資家が「絶好の口実」に (1)
銀上昇の黒幕は誰か、「レディット」投稿者をめぐる謎が市場で渦巻く

原題:
SEC Hunts for Fraud in Social-Media Posts That Drove Up GameStop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE