, コンテンツにスキップする

GMが北米3工場で操業停止へ、韓国でも稼働半減-半導体不足の影響

ゼネラル・モーターズ(GM) は3日、世界的な半導体不足の影響により3工場で操業停止を予定しており、今年の生産が減少する見通しを示した。

  発表文によると、GMが稼働を一時停止するのはカンザス州、メキシコ、カナダの北米3工場で、8日の週に生産を休止する。韓国の1工場も同じ週に生産能力の半分の稼働率で操業する。

  GMは利益の柱となるフルサイズのピックアップトラックとスポーツタイプ多目的車(SUV)を製造する4工場で生産維持に取り組んできた。しかし、世界の自動車業界への半導体供給は「なおかなり流動的だ」と同社は説明した。

原題:GM to Temporarily Shut Three Plants as Chip Shortage Pinches (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE