, コンテンツにスキップする

リフレトレード復活、「レディット騒動」過ぎ去り元のテーマに戻る

  • 循環株はディフェンシブ銘柄に対する最近の弱さから回復
  • 米国の5年物ブレークイーブンレートは8年ぶり高水準に

リテール投資家の集団行動が大きな波紋を引き起こした「レディット騒動」が収まった市場では、最近数カ月のテーマだったリフレトレードに焦点が戻りつつあるもようだ。

  景気循環株はディフェンシブ銘柄に対する最近の弱さから回復し、米国のインフレ期待は上昇、米国債イールドカーブの一部分は2016年以来の急勾配になっている。

  良好な米経済指標と新型コロナウイルスワクチン接種の拡大、バイデン米大統領の大型景気対策が進展する兆候で、物価上昇と成長加速への期待が再燃した。

  野村ホールディングスのストラテジスト、チャーリー・マケリゴット氏は2日のリポートで「『リフレ』の可能性を焦点としたテーマ型の市場に戻った」と主張。過去2日間に発表されたインフレに関する上向きのサプライズを強調する必要があるとして、レディット投資家と機関投資家の対決騒動の中で見落とされた公算が大きいと指摘した。

  リフレ取引に関連する最近の動向は以下の通り。

物価上昇

  米供給管理協会(ISM)がまとめた製造業のデータによると、1月の仕入れ価格指数は2011日4月以来の高水準だった。これを受けて米国の5年物ブレークイーブンレートは8年ぶりの水準に上昇した。

U.S. inflation expectations are tracking higher prices in industry

債券下落

  米国債市場では長期債への圧力が強まり、5年債と30年債のスプレッドは2016年以来の大きさとなった。

U.S. yield curve steepens most since 2016 as reflation bets mount

循環株の回復

  リテール投資家の最近の熱狂は循環株からディフェンシブへの逃避を引き起こしたが、この動きは逆転し始めた。ゴールドマン・サックス・グループがまとめた循環株バスケットは今週これまでのところ、ディフェンシブ銘柄のパフォーマンスを1ポイント余り上回っている。

原題:
Reflation Trade Is Back in Focus as the Ruckus Over Reddit Fades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE