, コンテンツにスキップする

バイデン氏、トランプ氏移民政策見直しで大統領令-家族再会で対策も

  • 不法入国者の家族の再会に向けタスクフォース設置も命じた
  • 「新たな法律を制定しているわけでなく悪い政策を廃止している」

バイデン米大統領は2日、不法移民の摘発やメキシコ国境での越境阻止、移民ビザ取得手続きの厳格化などトランプ前政権の移民政策の見直しに関する3つの大統領令に署名した。

  バイデン大統領は、トランプ政権の「ゼロトレランス政策」により引き離された不法入国者の家族の再会に向け、国土安全保障省主導のタスクフォース(対策本部)を設置することや、難民申請者を審査結果が出るまで米国外で待機させる手続きの見直しも大統領令で命じた。

  バイデン大統領は署名に先立ち、前政権の移民政策を「道徳的、国家的な恥ずべき行為」と非難。政権発足間もなく大統領令を多用することへの批判を一蹴し、「私は新たな法律を制定しているわけではない。悪い政策を廃止しているだけ」と記者団に反論した。

原題:Biden Orders Review of Trump Policies on Illegal Border Crossing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE