, コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
cojp

自動車業界、トランプ前政権への支持撤回-加州の排ガス規制巡り

Vehicles drive in light traffic on the Judge Harry Pregerson Interchange between the 105 and 110 freeways in this aerial photograph taken above Los Angeles, California, U.S., on Friday, May 1, 2020. California Governor Gavin Newsom is directing departments to cut spending immediately amid projected deficits of $35 billion, while Los Angeles Mayor Eric Garcetti proposed a budget that calls for civilian workers to take 26 furlough days during the fiscal year that begins in July.
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米カリフォルニア州が独自の排ガス規制を設定する権限を無効にするトランプ前政権時代の方針を巡る訴訟で、自動車業界は2日、前政権側を支持する姿勢を撤回すると発表した。

  自動車業界はバイデン大統領に対し、オバマ政権時代の燃費基準よりも緩やかな譲歩案を受け入れるよう求める方針だ。業界団体は今回のトランプ前政権の方針への支持撤回について、「今後の建設的な道筋を見いだす」ための「誠意のしるし」だと説明した。

  今回トランプ前政権への支持を撤回したのは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏グループPSAの合併で誕生したステランティストヨタ自動車など。米ゼネラル・モーターズ(GM)と日産自動車は既に、バイデン氏の大統領選勝利を受けて支持を撤回する方針を示していた。

関連記事

米GM、トランプ政権支持を撤回-加州の排ガス規制巡る訴訟で

日産、トランプ政権支持を撤回する方向-加州の排ガス規制巡る訴訟

原題:
Automakers Withdraw Support for Trump-Era Emissions Rule (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE