, コンテンツにスキップする

グーグル親会社、10-12月期売上高は予想上回る-株価上昇

更新日時
  • ユーチューブ広告収入は46%増、検索事業の収入も17%伸びる
  • 注目のクラウド部門の営業損益は12億4000万ドルの赤字

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

グーグルの親会社、米アルファベットの昨年10-12月(第4四半期)売上高はウォール街の予想を上回った。同四半期はホリデーショッピングの時期と重なり、デジタル広告支出が活発だった。発表を受け、アルファベットの株価は時間外取引で一時約7%上昇した。

  2日の発表資料によると、10-12月期売上高は、パートナーなどに支払われるトラフィック獲得コスト(TAC)を除いたベースで464億3000万ドル(約4兆8760億円)。ブルームバーグの集計データによると、アナリスト予想平均は442億ドルだった。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の初期段階に経済が落ち込み、広告も手控えられていたが、それ以降にオンライン広告販売は回復。アナリストはオンライン検索の増加や「ユーチューブ」視聴者の伸びに加え、コロナ感染増加で人々が自宅待機を余儀なくされることも同社事業への追い風になると指摘していた。

  アルファベットとグーグルの最高財務責任者(CFO)を務めるルース・ポラット氏は「消費者と企業の活動が2020年の早い時期と比べて回復したのに伴い、検索とユーチューブが業績をけん引した」と指摘した。

  ユーチューブの広告収入は46%増の69億ドル。ウォール街の予想は62億ドルだった。検索とその他関連事業の収入は319億ドルと前年同期比で17%伸びた。

Alphabet shares have jumped recently as digital ad spending rebounds

  アルファベットのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会議で、「昨年はクラウドへのシフトとオンラインサービスの採用も加速した」と指摘。「これは全ての企業、消費者にとって大きな意味合いを持つ。こうした移行への支援で多くの人がわれわれを信頼していることは喜ばしい」と述べた。

  クラウド部門の10-12月期の営業損益は12億4000万ドルの赤字となった。この新しい指標はアナリストに注目されていたもので、一部は黒字を予想していた。

  アルファベットの10-12月期純利益は152億ドル(1株当たり22.30ドル)。前年同期は107億ドル(同15.35ドル)だった。

原題:Alphabet Shares Jump on Ad Revenue Gains in Holiday Quarter (2)(抜粋)

(CFOとCEOのコメントや決算詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE