, コンテンツにスキップする

イタリア次期首相、ドラギ前ECB総裁か-コンテ氏連立工作失敗

更新日時
  • 1月26日に首相を辞任したジュセッペ・コンテ氏による連立工作失敗
  • マッタレッラ大統領はイタリア時間3日正午ごろにドラギ氏と会談

イタリアでは1月26日に首相を辞任したジュセッペ・コンテ氏による連立工作が失敗し、マッタレッラ大統領は欧州中央銀行(ECB)前総裁のマリオ・ドラギ氏を大統領府に呼び出した。ドラギ氏に組閣を正式に要請する可能性が高い。

  ドラギ氏はECB総裁として欧州ソブリン債危機を沈静化させた手腕が高く評価されており、同氏が国政のかじ取りを担う見通しを好感し、ユーロ相場は上昇した。

  マッタレッラ大統領は現地時間3日正午(日本時間同午後8時)ごろにドラギ氏と会談する予定。大統領報道官が記者団に明らかにした。コンテ氏は2度にわたる連立協議を通じて第3次内閣の発足を目指したが、各党派の合意取り付けに至らなかった。

  ドラギ氏の首班指名は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い経済情勢が悪化する中で、内閣の不在を招き、意思決定に空白を生じさせた政治的駆け引きに終止符を打つと期待され、市場も歓迎すると予想される。

  イタリアはコロナのパンデミック(世界的大流行)下で、戦後最悪のリセッション(景気後退)に陥り、欧州連合(EU)の実質的な「復興基金」7500億ユーロ(約94兆8000億円)の経済再建プログラムに頼らざるを得ない状況にある。マッタレッラ大統領は前倒し総選挙の余裕はないと警告し、各党派に次期首相候補への最大限の支持を呼び掛けていた。

  

Hawkish Former ECB Officials Lambast Draghi’s Monetary Policy

マリオ・ドラギ氏

  コンテ氏が率いていた連立与党は、レンツィ元首相の小政党「イタリア・ビバ」の離脱に伴い上院で過半数を割り込み、少数与党となった。コンテ氏は行き詰まりを打開するため、大統領からの再度の組閣要請を見越して26日に辞任していた。

  協議の非公開を理由に複数の当局者が匿名を条件に語ったところでは、レンツィ氏は次期首相候補として、ドラギ氏の名前を非公式に提示していた。議会の最大勢力「五つ星運動」の一部議員らは、反エスタブリッシュメント(既存勢力)政党という立場上、ドラギ氏への支持に慎重とされるが、同氏はそれでも幅広い政治勢力から支持を期待できる見通しだ。

  ユーロ相場はより早い段階の下げから戻し、ミラノ時間2日午後9時59 分(日本時間3日午前5時59 分)時点で、1ユーロ=1.2040ドルで取引された。

原題:Italy’s President Summons Draghi as Likely Premier-Designate (1)(抜粋)

(「幅広い支持への期待」などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE