, コンテンツにスキップする

米国株続伸、個人投資家の投機的取引が下火に-原油も高い

更新日時

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

2日の米株式相場は続伸。空売り比率が高い銘柄の株価を押し上げていたトレードが下火となった。投資家は発表が相次ぐ企業決算の評価も進めている。

  • 米国株は続伸、個人投資家に人気のトレード崩れる
  • 米国債は下落、10年債利回り1.09%
  • ICEドル指数が上昇、ドル・円は105円台
  • NY原油は続伸、1年ぶり高値ー世界的な在庫減少で
  • NY金は反落、1オンス=1833.40ドルで終了

  通常取引終了後に発表されたアルファベットとアマゾン・ドット・コムの四半期決算は、売上高がともに市場予想を上回った。アマゾンはジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が2021年7-9月(第3四半期)に退任することも発表した。

  S&P500種株価指数の業種別指数は全て上昇。中でも金融や資本財・サービス、小売りの上げが目立った。ダウ工業株30種平均を構成する30銘柄のうち、25銘柄がプラスで終えた。昨年10-12月の増益を発表した宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が買われたほか、石油大手エクソンモービルは四半期配当を維持する方針が好感されて値上がりした。

  一方、個人投資家の間で人気を博した投機的なトレードは崩れ、ゲームストップとAMCエンターテインメント・ホールディングスはともに40%を超える下げを記録した。

  S&P500種は前日比1.4%高の3826.31。ダウ平均は475.57ドル(1.6%)高の30687.48ドル。ナスダック総合指数は1.6%上昇。ニューヨーク時間午後4時52分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.09%。

  バーデンス・キャピタル・アドバイザーズのポートフォリオ戦略担当ディレクター、メーガン・ホーネマン氏は、「水面下で楽観が生まれている」と指摘。「リテール投資の熱狂がやや落ち着いたことが、若干の楽観をもたらしている。市場が落ち着きを取り戻す場面ではいつも、全ての投資家から安堵(あんど)のため息が出る」と語った。さらに、米追加経済対策を巡る動きも地合いを支えていると指摘した。

Bullish technicals and short positioning fuel greenback rally

  外国為替市場ではICEドル指数が上昇。テクニカル指標が強気を示したことや、先物のショートカバーが背景にある。

  ドルは対円で0.1%高の1ドル=105円ちょうど。5営業日続伸で、ここ4カ月余りで最長の連続高となった。ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=1.2042ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は続伸。約1年ぶりの高値を付けた。コロナ禍からの回復や世界的な在庫減少を背景に買いが続いた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物3月限は1.21ドル(2.3%)高の1バレル=54.76ドルで終了した。ロンドンICEの北海ブレント4月限は1.11ドル高の57.46ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は1.6%安の1オンス=1833.40ドルで終了。

原題:U.S. Stocks Rally as Day-Trading Frenzy Collapses: Markets Wrap(抜粋)

Dollar Gains Amid Short Covering, Technical Boost: Inside G-10(抜粋)

Oil Jumps to One-Year High With Depleting Supplies Aiding Rally(抜粋)

(市場関係者のコメントを追加し、相場を更新。原文を差し替えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE