, コンテンツにスキップする

テスラ、米国で13.5万台をリコールへ-モデルSとXの一部対象

電気自動車(EV)メーカーの米テスラは米国で、約13万5000台の「モデルS」と「モデルX」をリコール(無料の回収・修理)する。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が、数カ月間にわたる調査の結果、タッチスクリーンに欠陥があると結論付けた。

  リコール対象車は、2012-18年のモデルSと16ー18年のモデルXのうち米エヌビディアのプロセッサーを搭載したタイプ。このプロセッサーが消耗しやすいと、テスラはリコール報告書で説明した。後方確認カメラの表示機能が失われる恐れがあるほか、これ以外にも問題が発生する恐れがあるという。

  NHTSAは昨年6月にこの問題について予備調査を開始、11月にはエンジニアリング分析へと調査を進めた。

原題:Tesla Recalls 135,000 Cars Over Screens U.S. Says Are Faulty (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE