, コンテンツにスキップする

ダラス連銀総裁、現時点で市場にシステミックリスクは見られない

ダラス連銀のカプラン総裁は、ゲームストップなどの銘柄に見られる最近のボラティリティーがもたらす金融安定へのリスクについて、現時点ではシステミックなものではないとの考えを示した。

  カプラン総裁はCNBCとのインタビューで、「現時点でシステミックなものは何も見られない。私はこれを非常に慎重に監視している。ノンバンクの金融市場における金融安定の問題を注視している」と発言。

  「現在の状況には多くの要因があるが、その一つはもちろん相当量の流動性があるということで、その影響が見られる」と述べた。

  その上で、「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応として今やっていることをやるべきだとなお考えている。ただし、これを乗り越えれば、こうした流動性の抑制および金融政策の正常化を開始することが健全だろう」と話した。

  カプラン総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で議決権を保有していない。

原題:
Fed’s Kaplan Doesn’t See Systemic Risks in Markets Right Now(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE