, コンテンツにスキップする

ファンケルのアジア事業買収でブラックストーンが独占交渉-関係者

ファンケルの国外事業買収を目指し、米投資会社ブラックストーン・グループが独占交渉に入っていることが、事情に詳しい関係者らによって明らかになった。

  日本以外のアジアでファンケル製品を独占販売する香港のCMCホールディングスは、モルガン・スタンレーをアドバイザーに起用し、6億ドル(約630億円)以上で同事業を売却しようとしていると、ブルームバーグ・ニュースは昨年12月に報道。1-3月(第1四半期)中に合意をまとめたい意向だという。

  情報が非公開であることを理由に匿名で話した関係者らによれば、交渉はまだ継続中で、独占交渉が結実しない場合は新たな買い手候補と交渉する可能性もある。CMCの社外広報はコメントを控えた。ブラックストーンの広報担当もコメントしなかった。

原題:Blackstone Said to Enter Exclusive Talks for Fancl Asia Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE