, コンテンツにスキップする

ユーロ圏GDP、昨年10-12月は前期比0.7%減-予想ほど落ち込まず

更新日時
  • 通年は6.8%減、ドイツとスペインはいずれも予想外のプラス成長
  • なお厳しい見通し、ワクチン接種計画がもたつき制限措置が長期化も

ユーロ圏経済の昨年10-12月(第4四半期)はマイナス成長となったものの、市場が予想したほどは落ち込まなかった。ただ、域内の新型コロナウイルスワクチン接種の進展ペースは遅く、景気は依然として二番底入りの瀬戸際にある。

  欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が2日発表したユーロ圏の第4四半期域内総生産(GDP)は前期比0.7%減。ドイツとスペインはいずれも先週発表したGDPが予想外のプラス成長を記録した。2日発表されたイタリアのGDPは2%減だった。ユーロ圏全体で昨年のGDPは6.8%減少した。

欧州経済、2020年10-12月は予想より良好-新型コロナの年締めくくる

イタリアGDP、昨年10-12月は前期比2%減-通年で8.9%減少

  ユーロ圏経済は新型コロナのパンデミック(世界的な大流行)初期に記録したような規模の低迷を今のところ免れているが、短期的な見通しは依然として厳しい。ワクチン接種の開始がスムーズにいかず、制限措置は想定よりも長引くことが見込まれる。

Final Quarter

European economies fared better than expected in the final months of 2020

Source: National statistics institutes

Note: Data for Sweden is an indication

原題:Euro-Area Economy Shrank Less Than Forecast at End of 2020(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE