, コンテンツにスキップする

ジャック・マー氏、国営メディアが称賛した中国人実業家に含まれず

  • 2日付の上海証券報は1面の論説でテンセント会長らをたたえる
  • 馬雲氏やアリババグループは触れられなかった

中国国営メディアが称賛した「企業家精神」に富む中国人実業家にアリババグループ共同創業者の馬雲(ジャック・マー)氏は含まれなかった。中国を代表する起業家である馬氏と中国当局のぎくしゃくした関係を浮き彫りにしている。

  2日付の上海証券報は1面の論説で、テクノロジー業界を率いる実業家らをたたえたが、そこに馬氏の名前はなかった。

  国内最大級の幾つもの企業の誕生に関わってきた馬氏だが、「モバイル時代を書き換える」人物として称賛されたのは同氏のライバル、馬化騰テンセント・ホールディングス(騰訊)会長で、比亜迪(BYD)の王伝福会長や小米を共同で創業した雷軍氏、華為技術(ファーウェイ)創業者の任正非氏の名も挙げられた。

  短い論説はアリババが予定する昨年10-12月(第3四半期)決算発表と同じ日の紙面に掲載された。論説が馬化騰氏を高く評価したことで、テクノロジー業界への締め付けを強める中国当局がアリババや同社傘下のフィンテック企業アント・グループの次にテンセントを狙い撃ちするとの懸念が和らぐ可能性もある。

  テンセント小米の株価は2日の取引でいずれも2%を超える上昇。テンセントのメッセージサービス「微信(ウィーチャット)」が至る所で使われるなど中国では日常生活のほぼ全ての側面に民間テクノロジー企業の影響力が広がっているが、政府はこうした企業の力を弱めようと動いている。

原題:China State Media Celebrate Top Entrepreneurs -- Except Jack Ma(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE