, コンテンツにスキップする

アインホーン氏グリーンライト11.1%損失-バブル銘柄ショート打撃か

  • 昨年後半にショートにした「バブル銘柄バスケット」が成績圧迫も
  • アインホーン氏によるショートがよく知られているテスラも12.5%高

資産家のデービッド・アインホーン氏が率いるヘッジファンド運営会社グリーンライト・キャピタルは、2021年最初の月の運用成績がマイナス11.1%と落ち込んだ。終盤の急回復でプラスとなった昨年のリターン(5.2%)が帳消しとなり、運用資産の価値がさらに目減りした。

  昨年のプラスリターンに主に貢献した住宅建設の米グリーン・ブリック・パートナーズは、今年1月に株価が13.3%下落。グリーンライトが昨年後半にショート(売り持ち)にした「バブル銘柄バスケット」も1月の運用成績を圧迫した可能性がある。

  1月はナスダック総合指数が月間ベースで小幅高となったが、アインホーン氏によるショートが最もよく知られている銘柄の一つ、米電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価は12.5%値上がりした。

  グリーンライトの広報担当者はコメントを控えた。アインホーン氏傘下のファンドの運用成績については、インスティテューショナル・インベスターが先に報じていた。

  個人投資家らのショートスクイーズによる締め上げに遭い、ビデオゲーム小売りチェーンの米ゲームストップを積極的にショートにしていたファンド運営会社メルビン・キャピタルは1月に53%の損失を出した。メープルレーン・キャピタルも1月27日までのリターンがマイナス45%だったとブルームバーグが先に伝えた

原題:Einhorn’s Greenlight Loses 11.1% in January: Hedge Fund Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE