, コンテンツにスキップする

レディット投資家、「バイオ戦争」宣言-空売りバイオテク銘柄が急伸

  • バイオクリストは39%高-「最も過小評価されている銘柄」との投稿
  • コロナワクチン開発のノババックスの株価はこの数日間で2倍余りに

1日の米株式市場で、バイオテクノロジー企業バイオクリスト・ファーマシューティカルズの株価が約5年ぶり高値に急伸。オンライン掲示板「レディット」を利用する投資家が、大きく空売りされているバイオクリスト株の弱気派に対する「#BioWar(バイオ戦争)」を仕掛けようと呼び掛けて結集した。

  レディットの人気フォーラム「WallStreetBets」の投稿者が「市場で最も過小評価されている銘柄」と呼んだことを受け、バイオクリスト株は39%高で取引を終了した。希少疾患治療薬を開発する同社は昨年12月、抗ウイルス薬ガリデシビルについて新型コロナウイルス感染症の治療薬としての開発は打ち切ると発表していた。

$BCRX

レディットが#biowarを宣言

  売上高がゼロかほとんどゼロのバイオテクノロジー各社は、長くウォール街で空売り対象となっており、有力ヘッジファンドを敵視する小口投資家の新たな標的として浮上する可能性がある。ただ、このセクターではヘッジファンドがショートとロングの両ポジションを取っており、既に混雑した分野となっている。

シタデルの銀保有、攻撃の是非めぐりレディット軍団に不協和音

  財務分析会社S3パートナーズによると、バイオクリストの浮動株の約17%(2億5900万ドル=約270億円相当)が空売りされており、ターゲットとなっているのは事実だ。しかし同社株はヘッジファンドの選好銘柄でもあり、シタデルやベーカー・ブラザーズ・アドバイザーズ、アクティビスト(物言う投資家)のアレックス・デナー氏のサリッサ・キャピタル・マネジメントなどが保有している。

  バイオクリストは米国立衛生研究所(NIH)の資金支援を受けてガリデシビルを開発してきた。今回の株価上昇前に既に、コロナ薬としての開発を中止した影響から脱していた。同社の2020年通年の売上高は3100万ドル未満と見込まれている。

バイオクリスト株が一時急伸、日本で「オラデオ」の販売製造承認獲得

  コロナワクチン候補の後期試験結果を最近発表した米ノババックスも空売り残高が多いバイオ銘柄の一つで、投資家のチャットで関心を集めている。株価はこの数日間で2倍余りとなった。S3によると、空売り残高は15億ドル。

ノババックスのコロナワクチン、南アで有効性劣る-英試験との比較で

原題:Reddit Traders Declare ‘BioWar’ as Shorted Biotechs Soar (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE