, コンテンツにスキップする

テスラ目標株価、パイパーがウォール街最高の1200ドルに引き上げ

パイパー・サンドラーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏は電気自動車メーカー、米テスラの目標株価を1200ドルと、従来の515ドルから2倍余りに引き上げた。他のアナリスト数人もイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)率いるテスラの急成長を予想し、同様の見方を示している。ブルームバーグのデータによると、ポッター氏の目標株価はテスラをカバーする40人余りのアナリストの中で最高。

  ポッター氏は顧客向けリポートで、「テスラがターゲットとしている産業は時代遅れのビジネスモデルになお固執しており、同社が追求する新たな機会が枯渇するのには数十年かかるかもしれない」と指摘。「買い」相当の投資判断を維持した。

  テスラ株は昨年8倍余りになったが、1月2日に発表した昨年10ー12月(第4四半期)の納車台数が力強い内容となったため、年初からさらに19%上昇している。ただ、同月27日に発表した同四半期の決算で利益が市場予想を下回り、2021年の納車台数の具体的な予想を示さなかったことから、その後株価はやや伸び悩んでいる。

  1日のテスラ株は5.8%上昇の839.81ドル。

Wall Street price targets have lagged Tesla's share price for most of the year

原題:
Tesla Gets Lofty $1,200 Price Target as ‘Fireworks’ Not Over (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE