, コンテンツにスキップする

米共和党の経済対策案、バイデン大統領案の3分の1-1日午後協議へ

バイデン米大統領は1日、共和党上院議員10人から規模6180億ドル(約64兆8200億円)の経済対策対案について説明を受ける。大統領は1兆9000億ドルの経済対策を提案している。

  共和党中道派のスーザン・コリンズ上院議員(メーン州)や保守寄りのマイク・ラウンズ上院議員(サウスダコタ州)を含む10人は1日朝、対案の詳細を公表した。個人への直接給付金を1000ドルとし、受給資格の所得基準も厳しくする内容。バイデン氏の案では直接給付は1400ドルとなっている。

  共和党案では新型コロナウイルスに直接関連した支出が1600億ドルと、大統領案とほぼ変わらず。失業保険の支給増額制度は延長されるが、大統領案に比べて額が小さく、期間も短い。

  大統領が計画している州政府・地方自治体への支援金、および時給15ドルへの最低賃金引き上げは、共和党案に含まれていない。

関連記事
バイデン大統領、共和上院議員10人を招く-経済対策代替案協議へ (2)

原題:GOP Has Smaller Checks in $618 Billion Plan: Stimulus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE