, コンテンツにスキップする

リスクモデルの鎖、ヘッジファンド縛る-「レディット」猛攻で敗因か

ヘッジファンドにとって最悪となった先週の展開は、オンライン掲示板レディットで情報を得た個人トレーダーが少数の空売り銘柄に集中攻撃する威力を示した。

  しかしプロの投資家であるヘッジファンドはなぜ、新型コロナウイルス感染拡大に起因する3月の一斉売り以来のペースでエクスポージャーの縮小を迫られたのか。

  その理由の一つがリスクモデルだ。

  リテール投資家の資金がゲームストップやAMCエンターテインメント・ホールディングスの株価を押し上げた際、ヘッジファンドの投資を導く信号に赤が点滅した。

  バリュー・アット・リスク(VAR)と呼ばれるこの指標は、過去の値動きに基づきロング・ショート戦略の最大損失可能額を算定する。

  先週はデイトレーダーの猛攻撃の中でラッセル3000指数を構成する50銘柄のボラティリティーが倍に増幅された。同時にヘッジファンドが空売りしている銘柄の上昇率は、ロングにしている選好銘柄を通常ではあり得ないほど大きく上回った。 

Hedge funds' long and short books have seen huge moves lately

  アルファ・セオリー・アドバイザーズのプレジデントとして運用者らのリスク監視に関与するベン・ダン氏は「リスクモデルがおかしくなるとエクスポージャーを下げる。リスクを一定に保つためにもロングにしていた銘柄を手放す必要が出てくる」と説明した。

  モルガン・スタンレーのプライムブローカー部門によれば、ヘッジファンドは1月27日に記録的なペースでエクスポージャーを減らした。

relates to リスクモデルの鎖、ヘッジファンド縛る-「レディット」猛攻で敗因か

出典: モルガン・スタンレープライムブローカレッジ

  個人投資家には損失のリスクを受け入れる自由があるとしても、年金基金といった機関投資家を顧客とするヘッジファンドは、過度のリスクを抑制するゲームプランに縛られるのが一般的だ。

  ヘッジファンドにとって先週の問題は、信頼できるトレーディングパターンが崩れたことだった。例えばゲームストップをショート、ペロトン・インタラクティブをロングにしていた場合、通常は二つの銘柄が同じ方向に動くため相互にリスクをヘッジする効果がある。しかし先週はゲームストップが急騰する一方、ペロトンは急落し、マイナスの影響が逆に増幅された。

  分析ツールを提供するクオンティゴのアプライドリサーチ責任者、メリッサ・ブラウン氏は「ある銘柄をショート、別の銘柄をロングにしている場合、相関が崩れるとリスクが上昇する」と説明した。

  リテール投資家の軍勢がヘッジファンドを空前の不安定な状態に陥れた仕組みは、単純化するとこのように説明できる。

  

relates to リスクモデルの鎖、ヘッジファンド縛る-「レディット」猛攻で敗因か

ヘッジファンドのお気に入り銘柄とショート対称のグラフ

原題:
A Reddit Army Descends on Hedge Funds Chained by Risk Models(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE