, コンテンツにスキップする

ニューヨーク市で積雪50センチも-2月最初の月曜日は「大荒れ」か

ニューヨーク市が50センチほどの積雪に見舞われる可能性がある。すでにシカゴを覆った寒波はワシントンにまで広がり始めた。

  米国立気象局(NWS)の気象学者ブライアン・シームネッキ氏は、1日夜もしくは2日朝に寒波が収まるまでにマンハッタンのセントラルパークやニュージャージー州北部、ローワーハドソンバレーの一部で積雪量が最大18-22インチ(約46-56センチ)に達する可能性があると予想。

  「月曜日は大荒れになる」とアプトンのNWS気象学者、ジェイ・エングル氏は述べ、「一日中、断続的にかなり激しい雪が降る」との予測を示した。

Northeast Snow

原題:New York Faces ‘Beast’ of a Monday as Snow Forecasts Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE