, コンテンツにスキップする

バイデン大統領顧問、ゲームストップ株熱狂に対する当局の監督を信頼

  • CEAメンバー「ボラティリティーや投機は市場に付きもの」
  • 政権は株式市場のより幅広い政策課題を注視する-NEC委員長

バイデン米大統領の主要経済顧問らは1月31日、ビデオゲーム小売りチェーンのゲームストップの株価が先週高騰し、ショートポジション解消を余儀なくされたヘッジファンドが痛手を受けるなどしたことに関連し、米国の市場規制当局への信頼感を示した。

  大統領経済諮問委員会(CEA)のメンバー、ジャレッド・バーンスタイン氏はFOXニュースの番組で、「大統領の主な関心事は、担当の規制当局である証券取引委員会(SEC)が市場に付きものであるボラティリティーや投機をゼロにすることではなく、金融市場の『根底にある配管系統』が引き続き健全であるよう確保する必要性だ」とコメント。「SECの声明を読めば彼らがこの問題に鋭意取り組んでいることが分かる」と述べた。

SECが株式市場の過熱を調査、不正行為の可能性巡り-声明発表

Key Speakers At The Monetary Policy Strategy, Tools, And Communication Practices Conference

ジャレッド・バーンスタイン氏

Photographer: Taylor Glascock/Bloomberg

  ゲームストップ株を巡るウォール街の先週の熱狂を巡っては、ウォーレン上院議員ら一部の民主党議員から、SECに相場操縦への対処を求める声が上がっている。

  SECはアリソン・ヘレン・リー委員長代行が率いており、バイデン大統領は次期SEC委員長に指名したゲーリー・ゲンスラー元商品先物取引委員会(CFTC)委員長の上院での承認待ちの態勢にある。

  ディーズ国家経済会議(NEC)委員長は先週の株価乱高下について、「リテール(小口)投資家の保護と市場の整合性を真の焦点」としてSECが「適切に調査している」と指摘。バイデン政権は「株式市場に関連するより幅広い政策課題を注視していく」と付け加えた。

原題:
Biden Aides Say Market Oversight of GameStop Frenzy Is Working(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE