, コンテンツにスキップする

ミャンマー軍が非常事態宣言、権力を1年掌握-スー・チー氏拘束

更新日時
  • 国民民主連盟の総選挙での圧勝後、軍との緊張が高まっていた
  • 米大統領報道官はスー・チー氏らの拘束を解くよう求める声明
アウン・サン・スー・チー国家顧問

アウン・サン・スー・チー国家顧問

Photographer: Thet Aung/AFP/Getty Images

アウン・サン・スー・チー国家顧問

Photographer: Thet Aung/AFP/Getty Images

ミャンマー軍は1日、昨年11月の総選挙で不正があったとして非常事態を宣言した。軍が権力を1年間掌握するとしている。アウン・サン・スー・チー国家顧問ら政府指導者は同日早朝に拘束された。

  与党・国民民主連盟(NLD)の報道官によると、軍はスー・チー氏やウィン・ミン大統領を拘束。テレビや電話、インターネットなどの通信手段はいずれも不安定な状態となっており、情報収集が困難になっている。

  米国やオーストラリアは、ミャンマー軍にスー・チー氏ら全員の拘束を解き、選挙結果を尊重するよう求める声明を出した。サキ米大統領報道官は「米国は最近の選挙結果を変えようとする試みやミャンマーの民主化移行を妨げようとする動きに反対する」と表明した。

TOPSHOT-MYANMAR-HEALTH-VIRUS

アウン・サン・スー・チー氏(1月27日)

  スー・チー氏率いるNLDが昨年11月8日の総選挙で圧勝して以降、軍やそれを支持する党派は大規模な不正投票が行われた疑いを調査するよう求めていた。ミャンマーの選挙管理委員会は先週、選挙は公正かつ透明に行われたとの見解を発表。米国や国連、欧州連合(EU)は結果を尊重するようミャンマー軍部に呼び掛けていた。

ミャンマー国軍が与党に圧力、緊張高まる-クーデターの恐れも

  軍の最高指導部は法に従って行動すると表明しながらも、権力を掌握する可能性を示唆。1月31日の声明では、選挙結果への異議は否定したものの、「2020年の選挙プロセスは受け入れ難い」としていた。

  ミャンマーの憲法には、「国民の団結」を崩壊させかねないなど非常事態の下では軍が権力を掌握できるとの規定がある。

  11月の総選挙でスー・チー氏率いるNLDは396議席を獲得。政権維持に必要な322議席を上回った。3730万人の有権者の70%が投票したと推計されている。

対ミャンマーの貿易額

輸入額は過去10年で4倍に

出所:財務省貿易統計(単位:1000億円)

  スー・チー氏は軍政当局によって自宅軟禁されていた時代にノーベル平和賞を受賞したが、NLD政権発足後はイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題への対応を巡り、同氏の国際的なイメージは低下している。

  加藤勝信官房長官は記者会見で、「民主化プロセスが損なわれる事態が生じていることに対し重大な懸念を有している」とし、スー・チー氏ら関係者の解放を求める考えを示した。また、「民主的な政治体制が早期に回復することを改めて国軍に対し強く求めていく」と述べた。  

  財務省の貿易統計によると、2020年のミャンマーからの輸入額は前年比10%減の1392億円。輸出額は同9%減の644億円。輸入額の9割近くを衣類などの雑製品が占め、輸出額の6割近くを機械類・輸送用機器が占める。12年9月に日本が尖閣諸島の魚釣島などを国有化し日中関係が悪化し、工場進出が進んでいた。

原題:Myanmar Military Takes Power for One Year, Suu Kyi in Detention(抜粋)

(加藤官房長官や茂木外相のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE