, コンテンツにスキップする

OPECプラス、1月の減産実績は目標の99%と推定-参加国代表

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は1月の減産実績が目標の99%だったと推定している。参加国代表1人が匿名を条件に明らかにした。

  OPECプラスは減産の段階的緩和計画の一環で、1月の減産規模を昨年12月から日量50万バレル縮小し720万バレルとすることで合意している。

  99%は暫定値であり、共同技術委員会(JTC)が2日に審査する。

  減産順守の内訳はOPEC加盟国が103%、ロシアやカザフスタンを含む非加盟国が93%。JTCが共同閣僚監視委員会(JMMC)に審査結果を提出し、JMMCは3日の会合でOPECプラスの戦略を協議する。

原題:
OPEC+ Sees Almost Full Compliance With January Oil-Supply Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE