, コンテンツにスキップする

ミャンマー国軍が与党に圧力、緊張高まる-クーデターの恐れも

  • 昨年11月の総選挙後初となる連邦議会が数日後に招集される
  • 国軍の報道官、クーデターの可能性を否定せず-懸念高まる

ミャンマーで昨年11月に行われた総選挙後初となる連邦議会の招集を数日後に控え、同国では国軍が与党側に圧力をかけ、政治的緊張が高まっている。

  総選挙ではアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相率いる与党、国民民主連盟(NLD)が単独過半数を上回る議席を獲得した。しかし国軍や国軍系の政党は投票に不正があったとして当局に調査を要請した。

  国軍の最高司令官は今週、憲法を無効化する考えを示し、国軍報道官はクーデターの可能性を否定せず、懸念が一段と高まった。国軍は1月30日、コメントは誤解されたとの声明を出した。

  同国の選管当局は28日、選挙は公正で透明なものだったとの見解を示した。

relates to ミャンマー国軍が与党に圧力、緊張高まる-クーデターの恐れも

アウン・サン・スー・チー氏 (Photo by THET AUNG/AFP via Getty Images)

  国連のグテレス事務総長は28日の声明で「いかなる形態であっても扇動や挑発を控え、民主主義の規範を順守」するよう全ての関係者に要請した。

原題:
Political Tensions Flare in Myanmar, Sparking Fears of a Coup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE