, コンテンツにスキップする

中国の小米、米国防総省と財務省を提訴-投資禁止措置取り消し求める

中国最大のスマートフォンメーカー、小米は29日、米国防総省と財務省を相手取り、首都ワシントン(コロンビア特別区)の連邦地裁に提訴した。トランプ前政権が同社をブラックリストに追加し、米投資家に同社証券の購入を禁止したことに異議を唱えた。

  米国防総省は今月、小米が中国人民解放軍とつながりがあると判断して、ブラックリストに加えていた。同社はブラックリスト追加が「違憲」だと主張し、裁判所に取り消しを求めている。

トランプ政権、小米など中国企業11社をブラックリストに追加 (3)

原題:
Xiaomi Sues U.S. Seeking to Reverse Investment Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE