, コンテンツにスキップする

トランプ前政権の対中貿易合意、「見直している」-サキ報道官

バイデン米政権はトランプ前大統領が中国と結んだ貿易協議の「第一段階合意」を、「見直している」とホワイトハウスのサキ報道官が述べた。対中姿勢を全体的に見直す一環だという。

  バイデン大統領は合意を依然有効だと見なしているかとの問いに、「前政権が導入した措置の全てを見直している」とサキ氏は回答。トランプ前政権との合意に基づき、中国は米国産農産物などの購入を加速させる代わり、関税の軽減措置を受けることになっている。この合意事項を中国が履行すると依然見込んでいるかとの質問に、サキ氏は回答しなかった。

  合意は依然有効なのかどうか再び尋ねられたサキ氏は、「状況が前進しているとは思わない」と述べ、バイデン政権は「さらに進める前に同盟国や議員らと調整し、決断を下す」と続けた。

  今月の大統領就任以降、バイデン氏が中国の習近平国家主席と対話したかは明らかにされていない。

原題:
Trump’s Trade Deal With China Is ‘Under Review,’ Psaki Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE