, コンテンツにスキップする

EU当局、アストラゼネカのコロナワクチン承認を勧告-全成人を対象

  • EMA、高齢者データは不足と認めつつ有効で安全だと判断
  • ドイツ当局は高齢者を対象外とする方針を変えず、EUと食い違い

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は29日、英アストラゼネカとオックスフォード大学が開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンを全成人を対象として承認するよう勧告した。供給が遅れる見通しになっており、アストラゼネカとEUの対立が強まっている。

  EMAの勧告により、欧州委員会が条件付き製造販売承認(CMA)を付与する道が開けた。EUの新型コロナワクチン承認はファイザー製とモデルナ製に続く3つ目となり、ワクチン不足の緩和に役立つ可能性がある。

  ドイツの予防接種常設委員会(STIKO)は前日、このワクチンについて65歳以上の高齢者に関するデータが不十分だとし、接種対象年齢を18歳から64歳に限定して使用を認めるよう勧告したが、EMAは高齢者も対象に含めた。

  EMAはアストラの治験参加者の大半は18歳から55歳で、高齢者に特定した有効性を示すデータは十分ではないものの、高齢者のグループでも免疫反応が見られ安全なことが示されていると説明した。

  EMAによると、1回目と2回目の接種間隔は英当局の推奨と同じ4週間から12週間となる。EUは最大4億回分のアストラ製ワクチン購入で合意済み。

ドイツ当局、65歳以上を対象外とする方針変えず

  ドイツのSTIKOは65歳以上に対する有効性を示すデータがさらに必要だとして、アストラ製ワクチンの接種計画から高齢者を除外した。EMAの勧告とは相反することになる。

  STIKOは29日午後、アストラ製ワクチンの接種対象を18歳から64歳に限定すべきだとの方針を維持すると発表した。ドイツ国内のワクチン接種を加速させる取り組みにはブレーキとなる可能性がある。

原題:EU Regulator Approves Astra-Oxford Vaccine for All Adults (2)Germany Excludes Seniors From AstraZeneca Covid Shot Approval(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE