, コンテンツにスキップする

米キャタピラー、10-12月決算は予想以上-今年の需要回復を予想

鉱業・建設機械メーカーの米キャタピラーが発表した10-12月(第4四半期)決算は、利益と売上高がいずれもアナリスト予想を上回った。経済再開で需要が強まった。1-3月(第1四半期)は建設産業を中心に、売上高が前年同期比で増加するとの見通しを示した。

  第4四半期の1株当たり利益は2.12ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の1.45ドルを上回った。売上高も予想を上回ったが、前年同期からは減少した。

  アンドルー・ボンフィールド最高財務責任者(CFO)は電話インタビューで、「2021年に入り、売上高が再加速するとみている」と発言。「21年は通年で回復を見込んでいる」とし、住宅用建設が「明るい分野」だと指摘した。

Caterpillar stock has risen as sales declines slow

原題:Caterpillar Sees Housing Boom Leading 2021 Sales Recovery (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE