, コンテンツにスキップする

緊急事態宣言を延長へ、栃木など解除検討で2日にも判断-報道

政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令している緊急事態宣言について、2月7日までの期限を延長する方向で調整に入ったことが分かった、と産経新聞が29日付電子版で報じた。

  • 延長幅は1カ月程度を見込み、感染状況や医療提供体制が改善されれば解除を前倒しする方針
  • 延長する対象地域や期間などは、週明けの感染状況を踏まえて最終判断
  • 栃木県など新規感染者数が減少している地域は解除も含めて検討
  • 厚生労働省に助言する専門家組織「アドバイザリーボード」の会合を2月1日に開き、感染状況を分析した上で2日にも判断
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE